スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尖閣ビデオ流出?真の原因は内閣にあり

古代ローマ帝国で皇帝が悪行を繰返した場合、
暗殺という自浄作用が働いた。

選挙と言う自浄作用のない国に措いては、
暗殺という手段が最後の自浄作用だからだ。

合法ではないが、国益になる。
だからこそ、危険を冒してまで暗殺をする人間が出てくるのだ。


今回の尖閣ビデオ流出に関しても、
同じ臭いを感じる人は多いのではないだろうか?

尖閣ビデオを流出した人の目的は、
お金でもなければ名声でもない。


「国益」


彼はまさにこれを守らんとして、行動を起こした。

尖閣ビデオを非公開にして得られる国益など何も無い。

仮にビデオを公開しないのであれば、
中国船は日本の巡視船に【誤って】衝突したと
世界に向かってアナウンスすべきだ。

良いか悪いかは別にして、これならまだ分かる。
単純なもみ消し。
日本の威信も、中国の威信も守られる。

ところが、中国船が【意図的に】衝突してきたと主張し、
あまつさえ一時的には中国船の船長を逮捕したのだ。

それなのに、その証拠を出せないというのはどういうことだ?

それは国際社会では「ウソつき」を意味する。
つまり、日本がウソをついているってことだ。
他国から見たら、証拠があるのに見せられない理由は、
それ以外に考えられない。


例えば、韓国が同じ事をしたらどう考えるか?


「北朝鮮の漁船がが韓国の巡視船にわざとぶつかってきた」

「はっきりとした証拠はあるけど、北朝鮮の面子のために非公開とする」


これで、韓国の言う事を信じますか?


つまり、ビデオが公開されなければ、時間が経つにつれて日本は孤立する。
だって、行動がウソつきなんですから。
勿論、中国もそれを狙っている。


つまり、中国船が衝突したと主張した時点で、
ビデオを非公開とする事を外交カードとしては使えないのだ。

なぜなら、国際社会において何かを主張するという事は、
立証責任も伴うから。

つまり、中国船が衝突したと主張するなら、
その証拠を提示する責任が日本にはある。


その責任を果たさないで、何の外交カードなのか?


流出犯の責任追及の前に、
そのあたりの説明責任を果たして欲しい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

原口直敏

  • Author:原口直敏
  • 洗練されたオタクを目指す、ミドルエイジ。
    持ち前の好奇心により、その知識と見識は多岐にわたる。(本人談)
    RPG風に興味のある分野を紹介しよう。

    【戦士属性】
    自己啓発、ビジネス、経済、投資、語学、各
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。