スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年の年明け第一弾! iPhoneにSkypeを導入

皆様

明けましておめでとうございます
今年も宜しくお願い致します


さて!

2011年、新しい年がようやく明けました。

色々あって、僕はこのタイミングでiPhoneにSkypeを導入しました。

「色々あったって何が?」と言うのも実は興味深いのですが、
それは別途Podcastで配信します。


そう言う訳で・・・


2011年、年明け最初のブログはSkypeについて。



■Skypeを使って固定電話や携帯電話につなぐには?

そもそも、僕がiPhoneにSkypeを導入する理由は一つ。


iPhoneでの通話料を下げる!


これに尽きます。

したがって、Skype同士の通話無料はもちろん、
格安で固定電話や携帯電話につなぎたい。

Skypeでこのサービス自体を実現するのは簡単。


【Skypeクレジット】で有料サービスを利用すれば良いのです。



■【Skypeクレジット】の仕組み

【Skypeクレジット】はSkypeで有料サービスを使用する際の
支払いの仕組みです。

ただ、携帯電話各社の料金プランを見ても分かる通り、
【支払い方法】と【使い方】には密接な関係があります。

簡単に言うと、その人の【使い方】によって
お得な料金プランが変わるってことです。

そこで、まず【Skypeクレジット】の仕組みを簡単に説明します。

これは、極めて簡単。

基本的に、以下の二つの料金体系に分かれます。

1.プリペイド料金(日本では1単位1,500円)
2.月額プラン

Skypeではすべての料金は前払い。

クレジットカードを使えば実質後払いになりますが、
いずれにしても決済は使用前に行われます。



■まずは【プリペイド料金】から始めよう!

二つの料金体系のうち、ベースとなるのは【プリペイド料金】です。

とりあえずこれさえ購入してしまえば、
Skypeで固定電話や携帯電話に電話をかけることが可能になります。

なので、まず【プリペイド料金】を購入して
使い始めちゃうことをお勧めします。


「でも【月額プラン】の方がお得なんじゃないですか?」


使い方によってはそうなのですが、三つの理由で
最初は【プリペイド料金】で様子を見ることをお勧めします。

1.日本の携帯電話各社の最安値と同等かそれ以下の料金をクリアしている
2.携帯電話が絡むと、月額プランの選択にかなり迷う
3.Skypeには発信者番号通知機能が無い

2と3については、それぞれ後の方でご説明します。

ここでは1について簡単にご説明しましょう。

【プリペイド料金】で日本国内の固定電話、携帯電話につなぐ場合、
料金は以下の通りです。


固定電話 3円22銭(税抜き)/1分あたり
携帯電話 17円50銭(税抜き)/1分あたり

<注意!!>
通常、日本の携帯電話各社は1分ではなく30秒単位で
料金を提示しています。
したがって、比較の際は
【携帯各社の料金を必ず2倍に】して下さい。


ご覧になると、どれだけ安い金額かが分かると思います。

固定電話への接続については、
携帯電話からかけた時の料金の1?2割の料金。
固定電話から市内通話でかけた場合(つまり、最安値)に
匹敵する程の料金です。

携帯電話への接続についても、
普通に他社の携帯電話にかける場合の料金の
ほぼ最安値をクリアしています。



■【月額プラン】の考え方

【月額プラン】でまず理解すべきことは、
その月に使い切らなかった料金は繰り越されないと言う事です。

つまり、毎月60分の通話料を【月額プラン】で購入したら、
60分以上話さないと損だということ。

裏を返せば、この場合60分を越えた分の料金は、
【プリペイド料金】で払うことになるのです。

したがって、どんな料金体系を採用するにせよ。
【プリペイド料金】は購入しておいた方が良いです。


それを踏まえた上で、【月額プラン】の選び方を考えていきます。


【月額プラン】の一番の悩みどころは、何と言っても
【固定電話】プランにするか【固定電話と携帯電話】プランにするかです。


現在の【固定電話】プランを以下に示します。


60分 ¥130/月 ・・・ 2円17銭/分
120分 ¥235/月 ・・・ 1円96銭/分
400分 ¥500/月 ・・・ 1円25銭/分
無制限 ¥690/月
※全て税抜き


通話時間が増える程、どんどんお得になっていくのが分かると思います。

そして、毎月9時間半以上使うのであれば、
何と690円の固定料金だけでOK!

ただ、携帯電話については、何の割引もないんですよね。

それが、このプランの唯一の欠点です。


次に、【固定電話と携帯電話】プランを以下に示しましょう。


60分 ¥900/月 ・・・ 15円/分
120分 ¥1,600/月 ・・・ 13円33銭/分
※全て税抜き


携帯電話との通話料金は確かに安くなります。

でも、このプランだと携帯電話と固定電話に
同一の料金を設定しているため、
固定電話との通話料がエライ高くなってしまうのです。

しかも無制限ってのが、こちらのプランには無い。


ここで、もしかしたら素朴な疑問が出てくるかもしれません。


「複数の月額プランを組み合わせることは出来ないの?」


この問いへの答えは「可能」なんですが、
ちょっとした落とし穴があります。

一つの国に対しては、一つのプランのみしか設定出来ないのです。

ただし、ちょっとした例外もあります。

仮に、一つの国で二つの【月額プラン】を購入したらどうなるか?

最初に購入した【月額プラン】の料金を使い切ってから、
次に購入した【月額プラン】が使われる。

いずれにしても、同時には機能しない。


結論としては、以下のような流れで【月額プラン】の導入を検討すれば、
良いプランを選べると思います。

1.まずは【プリペイド料金】で一ヶ月以上使ってみる
2.一ヶ月の費用と自分の使い方をチェックする
3.上記2の実績をもとに、【月額プラン】を検討/導入する
4.【月額プラン】導入後の費用と【プリペイド料金】のみの費用を比較チェックする



■予想外の死角?発信者番号通知機能が無い!

料金の説明でもちょっと触れましたが、
Skypeには発信者番号通知機能がありません。

正確に言うと、世界170ヶ国の内、
日本とメキシコだけ対応していないのです。

ただ、これには紆余曲折があって、
対応していた時期もあるようです。

また、状況によっては
発信者番号が正しく表示されたり、
でたらめな番号が表示されたり、
やっぱり表示されなかったり、
等の症状になることもあるようです。


これはおそらくNTTで言うところの

関門交換機(IGS)Interconnecting Gateway Switch

でのチェックが深く関わっているように思います。


ところで「関門交換機(IGS)って何すか?」ってなりますよね?


電話会社のことを通常キャリアと呼び、
そのキャリアとキャリアの間の接続を
相互接続点(POI)Point Of Interfaceと呼びます。

その相互接続点(POI)で様々な制御をしているネットワーク機器を
「関門交換機(IGS)」と呼んでいます。


「関門交換機(IGS)」と言うだけあって、
当然様々なチェックもしています。

その中に、発信者番号通知のチェックもあって、
Skypeからの発信者番号はここで削除される可能性が高い・・・
と言うかそれしか技術的にあり得ない。


「何で削除しちゃうの?」と疑問に思いますか?


海外では、電話網へのクラッキングって日本よりも一般的です。

例えば、セキュリティの低いキャリアにクラッカーが
偽装の番号を使って接続します。
しかも、その偽装番号は日本の番号。
その後、そのキャリアからNTTにつないできたと考えて下さい。

発信者番号が明らかに日本の番号なんですよ。
とりあえず、契約上つなぎはしますが、
発信者番号は削除しますよね?

もちろん、実際のクラッキングでは
こんな分かりやすいことはしないでしょう。
飽くまでも例です。


さて、ここまでシビアなのは、
発信者番号が相手の認証に使われているからです。


なので、事は技術的なものではなく、
発信者番号通知にどこまで正しさを求めるか
と言う話になるのです。

海外では、電話のクラッキングはかなり一般的なんで、
発信者番号通知をそこまで信用していないと言う
土壌があるのかもしれません。



■知っておくと便利なTips

最後に知っておくと便利なTipsについて書いておきましょう。

Skypeの料金表を見て、最初に目に付くのが「VAT」と言う文字。

これをフルスペルで書くと「Value-Added Tax」つまり付加価値税。

日本では、これを消費税と呼んでいます。

消費税法が成立したときに、付加価値税という言葉を聞いた人も多いはず。

ちなみに、付加価値税を導入する前に、
似たような税制である売上税を導入する動きもありましたが、
これはちょっと異なる仕組みです。
消費税導入時の議論と同じように、
図を描いたフリップ等を使わないと説明できないので詳細は割愛します。

それと、忘れちゃいけないのが
Skypeは緊急電話には使用できないと言うこと。

つまり、日本で言うと110番や119番ですね。

まあ、緊急な時なんて普通の人は一生に数回ですから、
料金なんか気にせずにiPhoneを素直に使いましょう。


それでは、良いお年を!


原口直敏
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

原口直敏

  • Author:原口直敏
  • 洗練されたオタクを目指す、ミドルエイジ。
    持ち前の好奇心により、その知識と見識は多岐にわたる。(本人談)
    RPG風に興味のある分野を紹介しよう。

    【戦士属性】
    自己啓発、ビジネス、経済、投資、語学、各
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。