スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あらゆる対策は問題の移転に過ぎない

■これが、プロジェクトマネジメントの第一法則だ!

あるキッカケがあって、
プロジェクトマネジメントについて
ちょこちょこ書いていこうと思います。

で、まずはその前提についての話から始めたい。
それが、今回のテーマ。


▼プロジェクトマネジメントの第一法則

「あらゆる対策は問題の移転に過ぎない」


優れたプロジェクトマネージャーは、
意識してるかどうかはともかく
本能的にこの法則を理解しています。

なぜなら、これがプロジェクトマネジメントの
基本中の基本だからです。
PMBOKだろうがなんだろうが、
あらゆるプロジェクトマネジメント手法は
この前提から導かれます。

そんな事が書かれている解説書には
お目にかかった事はありませんが、
それはあまりに本質的な話だからに過ぎません。

それでは、これから証明して行きましょう。



■対策には必ず抵抗が存在する

例えば、進捗に遅れが発生した場合。

要員追加で対応しようとすると、同時に問題が発生します。

1.人件費が増える
2.リソース管理のオーバーヘッドが増える
3.初期教育等に既存の人材の稼動が取られてしまう
4.チームワークが低下するリスクがある
    ・
    ・
    ・

細かいことを言えば、デメリットなんていくらでも上げられます。
簡単に言うと、これが「あらゆる対策は問題の移転に過ぎない」と言うこと。
一つの改善なり変更なりが、ドミノ倒しのように様々な面に影響を与えるのです。


つまり、対策は本質的に他の要因にしわ寄せを与えます。


これを裏返すと「対策には必ず抵抗が存在する」ことが導かれる。

しわ寄せされる方からすると、抵抗したいのは当然ですね。

ここで、考えなければいけない事が2点あります。


1.その対策は、プロジェクト全体から見てバランスの良いものか?
2.抵抗勢力をどうやって従わせるか?


例えば、進捗が遅れた場合、当然ながらいきなり人員追加なんてしない。
まず、進捗遅れの原因を分析しますよね?


・遅れている様に見えていただけかもしれない
・問題は担当者の能力ではなく、仕様確定待ちのためかもしれない
・実は見積もりミスで、スケジュール全体の見直しが必要なのかもしれない
    ・
    ・
    ・


対策自体が、他の要員にしわ寄せを強いるのだから、
プロジェクト全体から見てもっとも妥当である対策を探っていく必要があります。
それには、問題の真の原因を認識しなければなりません。


さらに・・・


例えば、進捗遅れの原因が「仕様確定待ち」だったとしましょう。

対策は?


「○月○日までにユーザに仕様確定をしてもらう」


あまりにも教科書的ですが、間違ってはいないように見えます。

しかし、その仕様未確定の部分が「画面右下に貼り付けるロゴのデザインだけ」だったらどうでしょう。

○月○日まで確定している必要があるか?


もちろん、偶然こんな風に上手く行く事はほとんどない。

偶然じゃなくて、誘導するんです。

未確定の部分に前提条件をつけて、未確定部分の影響範囲を狭めて先に進む。

もちろん、仕様書にその前提を明記して承認してもらうわけです。

正攻法でもないし、ベストでもない。

リスクもある。

でも、現実的にこんな手段を使うことはあります。


解となり得る選択肢を見つけ出し、
その中でもっともバランスが取れた対策を打つ必要がある。
当たり前の事に行き着きます。

一見、正攻法に見えても、バランスの悪い対策をとれば
傷口は広がってしまいます。

なぜなら「あらゆる対策は問題の移転に過ぎない」のだから。


さて次に「2.抵抗勢力をどうやって従わせるか?」を検討しましょう。

これには、以下の四つの策があります。


【上策】当人から提案させる
【中策】当人に納得させる
【下策】命令する
【無策】何もしない


まずやるべきなのが「【上策】当人から提案させる」です。

難しそうですが、慣れれば簡単。

ぶっちゃけ誘導尋問です。

コツは、分からない振り、無知な振りをして質問すること。

出来れば、自信なさ気に。

自信満々でやると、あからさまな誘導尋問なんで、
この目的には適しません。

これが有効なのは、ある程度頭脳派、理論派の人に対してです。

体育会系の行動派は、誘導尋問の枠を平気で飛び越えやがります。


逆に、体育会系の行動派に効果的なのが次の策。

「【中策】当人に納得させる」

これです!

お願いする。

頼み込む。

これが意外に効果的。


それでも抵抗するようなら「【下策】命令する」。

【下策】って書いたけど、
シンプルに命令するのが一番良い時だってあります。


そして、最悪なのが「【無策】何もしない」です。

抵抗や反論があるのは当たり前。

だからと言って何もしないのが一番の愚作ですね。



さて!
次回からは、この第一法則から導かれる様々な法則を解説して行きます。
乞うご期待!



原口直敏
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

原口直敏

  • Author:原口直敏
  • 洗練されたオタクを目指す、ミドルエイジ。
    持ち前の好奇心により、その知識と見識は多岐にわたる。(本人談)
    RPG風に興味のある分野を紹介しよう。

    【戦士属性】
    自己啓発、ビジネス、経済、投資、語学、各
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。