FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北地方太平洋沖地震?まずは節電から始めよう!

みなさん、大丈夫でしたか?
少しでも多くの方のご無事を、
切にお祈りいたします。


今回の地震、日本全国すべての地域の方々が
程度の差はあるにしてもその影響を受けています。
被災地を支援するというよりも、
みんなで協力していく強い力が必要だと思います。


その様ななか、僕を含め状況が落ち着いてきた地域の方は
被災地の支援を考えていることと思います。

そこで、僕たちに何が出来るかを、
このブログでも考えてみます。



■まずは【節電】?その方法の考え方

福島原発が停止した中で、まず考えなければならないのが【節電】です。

まず、きちんと理解して頂きたいのは、
電力は貯められないと言うこと。
充電みたいなことは、大規模な電力ではあまりできないからです。

そこで、実際にどうしているかというと、
電力消費量の予測と監視に基づいて、発電所の稼働率を微調整して対応しています。

発電量≒消費電力量

これを常に維持している訳です。
口で言うのは簡単ですが、これを実現するために
電力会社はかなりハイテクな制御をしています。


なので、節電の際には以下のことを考える必要があります。

1.発電設備以上の電力供給は瞬間的にであれ、絶対に出来ない
2.したがって、節電がもっとも必要となるのは電力がピークとなる時間帯

つまり、電力のピーク時間帯に「ちょっとなら良いだろう」と言う考え方は
通用しないということです。

発電設備がある状況ではその「ちょっと」を電力会社が調整しているのですが、
電力設備の限界に達した状態では物理的に調整ができません。
#もちろん、物理的な能力が限られている範囲内で電力会社は最大限の
#供給調整はしています

なので、我々にとって節電は、
今回の災害を乗り越えるために絶対に必要なことです。

医療機関などで絶対に電力が必要な人のためにも、
みんなで協力して節電をしていきましょう。
もちろん、そういうところには予備電源があるはずですが、
あまりにも長時間の停電や短い間隔での停電の繰り返しは
想定していない可能性が高いです。
#そのような制限が無いのなら、普通に通常電源として使うはず・・・

なので、電力各社のホームページやニュースなどで
電力各社の節電への協力要請をチェックし、
最大限に協力して行きましょう。



原口直敏
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

原口直敏

  • Author:原口直敏
  • 洗練されたオタクを目指す、ミドルエイジ。
    持ち前の好奇心により、その知識と見識は多岐にわたる。(本人談)
    RPG風に興味のある分野を紹介しよう。

    【戦士属性】
    自己啓発、ビジネス、経済、投資、語学、各
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。