FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中学英語でTOEIC700は行ける

現在、僕は誰でも簡単に英語を学べる方法を開発中です。

そこで、感じたのが、中学英語やキッズ・イングリッシュが、
いわゆる大人の英語学習でないがしろにされている恐ろしさです。

本当に恐ろしい。

インターネットで検索すると「中学レベルの英語」と言うのが
無茶苦茶低く捉えられていることが多いです。

しかし、例えば大学受験まで英語を乗り切ってきた人が
「中学レベルの英語」が完璧に出来るようになれば、
TOEIC700以上は固いと思います。

因みに、完璧に出来るというのは、以下の三つの条件を満たすことです。


1.反応速度は約0.1秒
  →言いたいことを心に思ってから0.1秒程度で英語で話し始めることができる
2.無意識の内に、文法的に完璧な英語が出てくる
  →冠詞、単数/複数、動詞の変化など、意識しなくても正しいものが出てくる
3.英語を理解しようと努力しなくても、英文なり英会話が分かってしまう
  →日本語とほぼ同じ努力で英語が聴き取れるし、読み取れる


中学英語の範囲内でこれが出来るようになることを、
中学英語をマスターしたと僕は表現します。

人によっては、「そこまで出来なきゃいけないの?」と思うかもしれません。

受験レベルでは高校にしても大学にしても、多分問題ありません。
でも、本当に英語が出来る人は、中学英語に限定せずに上記三つのことが出来る訳です。

なら、中学英語でここまで出来ない人が高校英語以上のことをやろうとすると、
絶対に壁にぶつかってしまうことが容易に想像できませんか?


中学英語でここまでの状態に持っていけなければ、
その後の英語の学習では英語を常に意識的に運用する習慣がついてしまいます。
だって、無意識に運用できないんですから。
つまり、英語ペラペラな人と使っている脳の部分からして違うってことです。

するとどうなるか?

僕の経験上、最高でTOEIC700程度で頭打ちになるはずです。
しかも、数時間英語を使い続けると、かなりつらい。
無意識に英語を運用できないデメリットは、長時間運用時にもろに出てきます。
TOEIC700ってのは、なってみるとそれ程レベルは高くありません。

一方、中学英語を完璧に運用してレベルを上げた場合、
同じスコアでも全く感覚が違います。
英語を使っている時に、努力している感覚が全然ないですから、
体感的には全く違うレベルです。


ここまでで、英語習得には二つの道がありそうだと言うことが分かりました。


1.その辛さに耐えながら、運用量で無意識に英語が刷り込まれるのを待つか・・・
2.中学英語、キッズ・イングリッシュで基礎的な英語をたくさん、そして楽に刷り込むか・・・


もし、あなたに選択の自由があるのであれば、
僕は後者を提唱したいのです。

また、業務上、1を続けるしかない人にも2を補助として使うことをお勧めしたい
なぜなら、後者の場合、TOEICのスコアが仮に同じだとしても、
英語を運用する負担は全く違います。
これは、業務に英語を使われている人にとっては、リアルに有難いはずです。



原口直敏
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

原口直敏

  • Author:原口直敏
  • 洗練されたオタクを目指す、ミドルエイジ。
    持ち前の好奇心により、その知識と見識は多岐にわたる。(本人談)
    RPG風に興味のある分野を紹介しよう。

    【戦士属性】
    自己啓発、ビジネス、経済、投資、語学、各
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。