スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと気の合う仲間同士での【秋旅行成功虎の巻】

秋である。
若者が繰り出し、大人もハイテンションで楽しむシーズンが終わり、
大人だけの落ち着いた旅行が楽しめる季節だ。

出会いの多い春から約半年、会社の同期や近所付き合いで知り合った
ちょっと気の合う仲間での旅行が多いのもこの時期の特徴かもしれない。

そこで、そんなちょっと気の合う仲間同士での旅行を成功させるための
僕なりのポイントを書いてみようと思います。



■最重要ポイントは女性メンバーをどう楽しませるか!

ちょっと気の合う仲間同士での旅行のポイントは、
本音で言っちゃうとこれしかありません。

絶対に受ける反論として、男だけ、又は女だけの場合はどうなるかと言うと、

1.男だけの場合
単純にやりたいことを掘り下げていけば良い。
退屈になることさえ避ければ、多少のトラブルを旅全体の失敗とは
捉えない生物なので問題なし。

2.女だけの場合
企画するのも女なので、自分たちの望むポイントはわきまえている。
よって、問題なし。

ざっとこんな感じ。
で、これを読んで気づかれた方もいると思いますが、
男女混合の旅行で問題になるのは、男性と女性で望んでいることや感じ方が違う点。
大抵の場合、旅の企画は男性が作るので、このセンスの違いを理解する必要があります。

そして、もっと重要なのは、旅の感動や驚きを表現するのは
圧倒的に女性の方が上手い。

僕はマジックをやるときに、必ず女性がいる場所でやります。
下心的なものを否定はしませんが、マジックの成功の度合いが
女性がいる場合といない場合で全く変わってしまうからです。
マジックの成否は、テクニックよりも女性観客にかかっていると言っても、
プロのマジシャンは頭から否定はしないと思いますよ。
女性が驚きを表現し、まわりに共感させる能力は、それほど絶大なパワーを持つ。

だから、旅行を成功させたいのなら、
絶対に女性メンバーを喜ばせる必要があるのです!



■女性メンバーを喜ばせる旅のポイントは「非日常」と「お得感」!

もう一度書きましょう。

女性メンバーを喜ばせるポイントは「非日常」と「お得感」!

これに尽きます。


まずは「非日常」から。

女性は、普段は極めて現実的な生活を送っています。
こまめに節約しながら、おしゃれな靴をやっと買うとか・・・。
#こんな事は女性の目の前では言わないで下さい・・・張り倒されます。

そんな事は、たまには忘れたい。
なので、イベントには「非日常」を求めます。

一人数万円の高級料理を女性が喜ぶのは、
高いからでも美味しいからでもなく、それが「非日常」だから。

だから、必ずしもお金をかけなくても、普段の生活で出来ないことであれば、
方向性としては間違っていない。

キャンプでのバーベキューが定番なのは、
その原則があてはまるからです。

牧場、ぶどう狩り、目の前で魚をさばく・・・

定番的なイベントは、ことごとく「非日常」を演出するためのものです。

温泉や露天風呂なんかもそうです。
岩風呂なんて普段入れませんからね。

それが分からず、温泉のお湯を使っているだけで、
風情のない普通のお風呂なんかに連れて行って女性が無言になったとしたら・・・
それはあなたの責任です。


次に「お得感」について説明しましょう。

女性は基本、高級感があるものが好きです。
ただ、高級なものに湯水の如くお金をつぎ込むほど馬鹿ではない。
女性が求めるのは、飽くまでそこそこの高級感。
つまり、貧乏臭くないそこそこの高級感を、出来るだけ安く実現できればOK
って言うと単純化し過ぎかもしれなけれど・・・概ねそうです。

で、この節約の仕方もかなり微妙で、コツコツと切り詰めて安さを実現しても
そこが貧乏くさいと言われてしまいます。
コツコツ切り詰めているのを見ると「日常」に引き戻されてしまうからです。
なので、コツコツ切り詰めるなら、絶対にそのことを女性メンバーには漏らしちゃダメです。

逆にお得感を演出できるのは・・・

・ちょうどこの日に特別イベントがあるんだ
・知り合いがペンションを安く貸してくれる
・格安チケットを手に入れた

みたいな感じ。

格安チケットって、貧乏臭くないかって?

これは、本来高級なものを運良く安く体験できるってことなので、むしろあり。



■さらに上級のキーワードは「リラックス」と「女同士水入らず」

さて、若いだけじゃない大人の女性ともなると、
エネルギーだけではなくもっと落ち着いた志向も出てきます。

それが「リラックス」。
「気持ち良い」の一番落ち着いた形です。

十代の時にはキャンプ&バーベキューで満足していた女性も、
大人になると「リラックス」を求めてきます。
#口には出さないこともしばしばですが・・・

例えば温泉。
エステやマッサージなんかよりも安価に「リラックス」を演出できる永遠の定番ですね。


さて、男女混合のグループ旅行の場合、同時に「女同士水入らず」の場も重要です。
この場を提供することで、女性の間で情報交換が出来ます。
この情報交換の場を提供することで、その後の女性の行動に安心感が生まれるのです。

つまり、温泉って言うのは、かなりオールマイティーなツールな訳です。

そういう意味で、一時期流行った水着を着て男女で混浴なんて温泉は、
少なくとも大人の男女のグループ旅行ではメリット台無しも甚だしい。
女性の側からしたら「リラックス」も出来ないし「女同士水入らず」の場も半減ですからね。



■大切なのはお互いの気遣い

ここまで色々書いてきましたが、結局、一番大切なのはお互いの気遣いです。
そこさえ押さえれば、大人の女性は大抵の失敗には目をつぶってくれます。
お互いに気遣い合って、楽しい旅行にしましょう。


みなさんの旅行が楽しいものでありますように。
それでは!



原口直敏
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

原口直敏

  • Author:原口直敏
  • 洗練されたオタクを目指す、ミドルエイジ。
    持ち前の好奇心により、その知識と見識は多岐にわたる。(本人談)
    RPG風に興味のある分野を紹介しよう。

    【戦士属性】
    自己啓発、ビジネス、経済、投資、語学、各
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。