スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kindleの歩き方【その1】こんな人は迷わずKindleの世界へ

今回は結論からスパッと書きましょう。
以下の条件全てに当てはまる人は、即刻Kindleを購入すべし。

・amazonのヘビーユーザである
・クレジットカードを持っている
・洋書については、amazon.co.jpよりamazon.comのレビューを良くチェックする
・amazon.co.jpでは入手しにくい洋書が多くなってきた
・児童書又は簡単なビジネス書であればほぼ辞書なしで問題なく読める
・洋書を注文して何週間も待つのは嫌だ
・Wi-Fi接続環境がある

とは言え、これらの全ての条件に当てはまらなければ
Kindleを活用できない訳ではありません。
そのあたりは、以下の説明を読みご自身で判断して下さい。
質問を頂ければ相談にも乗ります。


・amazonのヘビーユーザである

要はamazon自体の商品の検索から決済までの流れを
きちんと体験しているかどうかである。
自分自身で商品を検索し、購入や決済を行い、履歴をチェックするだけの
スキルがあれば問題はありません。
Kindleではかなり手軽に書籍を購入出来るので、
特に履歴をチェックするスキルが無いと辛いです。


・クレジットカードを持っている

通常、amazonの決済はクレジットカードなので、
ほとんどのamazonユーザはクレジットカードを持っていると思います。
Kindleでの電子書籍購入の場合、よりシビアになります。
モノじゃないので代引きと言う決済方法は不可能だからです。
もっと言うと、国も違うので代引きを含め
日本固有の決済システムは軒並み不可能となる訳です。
従って、クレジットカードは【ほぼ】必須です。
ただし、【ほぼ】と書いたのには理由がありまして、
デビットカードと言う選択肢もあります。
米国では、クレジットカードを作れない貧困層も多いため、
むしろクレジットカードよりポピュラーかもしれません。
なので、デビットカードを使えば、クレジットカードが使えない人でも
Kindleの世界に飛び込めるでしょう。
ただし、僕自身にとっても、この記事を読んでいる人にとっても
デビットカードの情報の需要はほとんど無いと判断したため、
深くは調べていません。


・洋書については、amazon.co.jpよりamazon.comのレビューを良くチェックする

これは意外にツボかもしれません。
Kindleで洋書を購入する場合、当然ながらKindleショップで購入しますが、
このKindleショップはamazon.co.jpではなくamazon.comに存在します。
つまり、日本語のレビューなんかは存在しません。
しかも、レビューは購入の可否を決める重要な情報源の一つです。
また、比べると分かりますが、amazon.co.jpとamazon.comでは
レビュアーの絶対数とその評価が全く違うことがしばしばあります。
洋書のレビューなんだから、ネイティブのレビューの方が絶対数が多いのは当たり前ですね。
なので、普段からamazon.comの英語のレビューを見慣れている方が、
Kindleの世界にすんなりと入っていけると思います。


・amazon.co.jpでは入手しにくい洋書が多くなってきた

amazon.co.jpでは、日本人向けにそこそこ売れる洋書しか在庫がありません。
そこから少しでもずれると納期が在庫がなくて数週間待ちとか、
ひどい場合は扱っていないこともしばしばあります。
米国ではペーパーバック版が出ているのに、
日本ではハードカバー版しか売ってないとかちょっと勘弁です。
そうすると、必然的にamazon.com


・児童書又は簡単なビジネス書であればほぼ辞書なしで問題なく読める

ネイティブ向けのサービスなので、英語学習者向けに書かれた字数制限本やリトールド版、
あまりにも簡単な絵本の類はKindle版では存在しません。
児童書に関しては、超有名シリーズか、大人にも注目される本に限られます。
あと、残念がら「ハリーポッター」シリーズは今のところないですね。
このあたりについては、実際にamazon.comで確認してみることをお勧めします。
下の画像で「Formats」欄にある「Kindle Edition」が存在するものはKindle対応しています。

Formats-check_in_amazon.png


・洋書を注文して何週間も待つのは嫌だ

洋書を注文して何週間も待つのはつらいですよね。
「読みたい!」と思った時に読みたい。
その望みをKindleはかなえてくれます。
何と言っても、ダウンロードしてすぐ読めますから。


・Wi-Fi接続環境がある

通常、Kindleでショップなどにアクセスするには、Wi-Fi環境が必要です。
Free 3G付きのKindleもあるので必須ではありません。
ただ、一番ベーシックなKindleにはFree 3Gはついていないし、
快適さ(速度)を求めるとWi-Fiになると思っています。

僕自身は、家のWi-Fi環境でショップを徘徊&購入&ダウンロード、
その他の環境ではもっぱら読むだけでネット接続無し、と言う風に使っています。



To Be Continued...



原口直敏
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

原口直敏

  • Author:原口直敏
  • 洗練されたオタクを目指す、ミドルエイジ。
    持ち前の好奇心により、その知識と見識は多岐にわたる。(本人談)
    RPG風に興味のある分野を紹介しよう。

    【戦士属性】
    自己啓発、ビジネス、経済、投資、語学、各
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。