FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栄養ドリンクをサプリメントとして使う~特に肝臓が疲れている人へ

1.今日の主役はタウリン~疲れた肝臓の強~い味方

多くの栄養ドリンクにはタウリンと言う成分が含まれています。
そして、このタウリンが今回の話の主役です。


それでは、このタウリンとは何者でしょうか?


すっごく簡単に言っちゃうと、疲れた肝臓の修復を促し、体の疲れを取ってくるんです。
その上、血液もさらさらにしてくれて、心臓もパワーアップしてくれる。
生活習慣病に怯える人の、強い、強~い味方です。
もう少し詳しく知りたい人は、このページなんかを見て下さい。


▼タウリン|タウリンの効果・効能
http://www.hakuraidou.com/info/taurin.htm



つまり、このタウリン、疲れそのものの回復にも効果があるのですが、
特に肝臓が弱っていることに起因する疲れに大きな効果を持つわけです。



2.タウリンをサプリメントで摂ることは出来るの?

しか~し、大きな問題が一つあります。


それは、日本で製造されている通常のサプリメントには
タウリンが配合されているモノがほぼ皆無だということ。

牡蠣エキスやシジミエキスとして販売されているものには
結果としてタウリンが含まれていたりしますが、
含有量が不明だったり、少なかったり、値段が高すぎたりで
全く持ってタウリンサプリの現状は真冬同然です。

米国などでは普通に売られているし、そもそも栄養ドリンクではバシバシ使っているのだから
サプリメントを作れないはずはない。
思うに、タウリンのサプリメントが出来たら、
タウリンを主成分にした栄養ドリンクが大打撃を受けるからじゃないでしょうか?
錠剤の方が安いに決まっているし・・・。



3.弱った肝臓にはサプリメントは効かない?

で、今まで見てきたことが何を意味するかと言うと、肝臓が弱っていることに起因する疲れの症状は
市販のマルチビタミン&マルチミネラル&アミノ酸配合みたいなかなり強力なサプリメントでも
効果が限定される。場合によってはほとんど効果が無い場合もあるということです。
だって、【タウリンが含まれていない】のですから。


じゃあ、どうすれば良いか?


僕の採用したのは、栄養ドリンクでタウリンを摂取すると言う選択肢でした。
ただし、この場合栄養ドリンクを採用するが故の注意点があります。



4.栄養ドリンクでタウリンを摂る際の注意点

栄養ドリンクを日々摂取しようとした場合の大きな問題は、余計なカロリーや成分が含まれていることに尽きます。
なので、以下の5点をチェックして自分にあったものを選択する必要があります。

1)カロリー
2)タウリン含有量のチェック
3)アルコール成分の有無
4)カフェイン及び塩化カルニチンの有無
5)価格

まず、最初の問題はカロリーです。
一日、1~2本なら普通は問題無いと思いますが、ガバガバ飲んだら当然カロリー過多になります。
そして、そのカロリーのほとんどの部分は糖分ですから、下手をすると糖尿病予備軍にもなりかねません。

次に、タウリンがそもそも含まれているかどうかと、その含有量のチェックです。
通常、1,000mgあれば一日の目標摂取量はクリアしますが、
一時的に大量に摂りたい場合は2,000~3,000mgを選択可能です。

アルコール成分については、アルコールが苦手な人はチェックしてください。
僕はあまり気にしていません。

人によって問題になる可能性が高いのはカフェインだと思います。
栄養ドリンクは効いた感じを演出するために、多くがカフェイン(無水カフェイン)入りです。
苦手な人や眠れなくなる人は気を付けて下さい。
また、カフェインが入っていることにより胃腸の調子が悪くなりやすい人は
塩化カルニチンが配合されているものをお勧めします。
因みに、カフェインが配合されていない栄養ドリンクは極めて少ないのが現状です。

そして、最後が価格。
条件に合うものの中で最も安い10本パックを購入して下さい。



5.タウリンを効果的に摂取する

タウリンが効くと言うことは、それまでタウリンが不足していたということです。
サプリメントは基本的に不足分を補うことで効果を発揮するのです。
従って、必要以上に取り過ぎてもあまり効果は期待できません。
ただ、その必要量は常に一定ではないので、常に自分にとって必要な量を意識する必要があります。

また、当然普段の食事も重要です。
肝臓が弱っているにも関わらず、暴飲暴食をしながらタウリンを摂取しても
大きな効果は望めません。



6.最後に

僕は、医者でも薬剤師でも栄養士でもありません。
なので、プロとしてのコメントではなく飽くまでも僕の体験からこの記事を書きました。
それを踏まえつつ、ご自身の判断でこの記事の内容を活用して下されば嬉しい限りです。



原口直敏
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

原口直敏

  • Author:原口直敏
  • 洗練されたオタクを目指す、ミドルエイジ。
    持ち前の好奇心により、その知識と見識は多岐にわたる。(本人談)
    RPG風に興味のある分野を紹介しよう。

    【戦士属性】
    自己啓発、ビジネス、経済、投資、語学、各
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。