スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島原発の事故から何故学ぶことが出来ないのか?

今日、本屋で「福島原発事故独立検証委員会 調査・検証報告書」と言う本を
ちょっと読ませて頂きました。
結論から言うと、今回の事故で一番重要な論点を避けていると言うのが僕の感想です。

「なぜ、そう言えるのか?」

順を追って説明していきましょう。



1.失敗を繰り返さないために必要なことを考えよう

失敗を繰り返さないために必要なことは何か?

これは、非常に大きなテーマなので本格的に論じるとそれこそ一冊の本になってしまいます。
ただ、以下の二点は絶対必要だと言うのは、比較的容易に賛同して頂けると考えます。


イ)構造的な欠陥があるのであれば是正しなければならない
ロ)同様の事故が起こる可能性を未然に防ぐようなチェック機構を設けなければならない


まずは、構造的な欠陥について論じていきましょう。



2.構造的な欠陥~ステーションブラックアウトに対する脆弱性

今回の福島原発の事故では様々な前提が変わりました。

・想定以上の地震の発生
・想定外だった津波による原発へのダメージ
・停電によるステーションブラックアウトは日本では発生しないと言う神話の崩壊

ステーションブラックアウトとは、
電力の供給が途切れ冷却装置など原発を管理する仕組みが働かなくなってしまうことです。
福島原発で発生したのはまさにこれです。

日本では、そもそも海外のように頻繁に停電が起きないため、
このステーションブラックアウトはリスク要因としては完全に除外されていました。

逆に言うと、ステーションブラックアウトに弱い原子炉でも、
日本では問題無いと見做されていたということです。
そして、その原子炉が福島原発をはじめとする日本各地で使われている
GE社製のマークIと言う原子炉(正確には原子炉格納容器)です。

これは僕が言っているのではなく、米国の原子力規制委員会が出した報告書
「NUREG-1150」に書かれている事です。

簡単に言うと、GE社製のマークIと言う原子炉はステーションブラックアウトに弱く、
その構造的欠陥として非常用のディーゼル発電機の冷却機構が二重化されていないため
停電時にディーゼル発電機の冷却機構に異常が発生したら深刻な事態となるということ。

つまり、ステーションブラックアウトが発生すると考えた場合、
GE社製のマークIと言う原子炉には構造的な欠陥があると言うことです。

詳細は以前に書いたエントリ「予測されていた福島第一原発~NUREG-1150を読む」をご覧ください。

この「NUREG-1150」と言う報告書、以前は日本語に翻訳されたことがあるのですが、
なぜか今は絶版で入手困難な資料となっています。

さて、ここで福島原発で起こったことを復習しましょう。

まず、地震と津波により外部からの電源供給が断たれました。
日本では起き得ないと考えられていた停電が起きたのです。
次に、【津波により】ディーゼル発電機の冷却機構が破壊されました。
先ほども書いた通り、ディーゼル発電機の冷却機構は二重化されていないので、
全てのディーゼル発電機が機能しなくなりステーションブラックアウトが発生しました。
後は、原子炉がどんどん加熱し事故発生まで一直線でしたね。

では、「福島原発事故独立検証委員会 調査・検証報告書」ではこの「NUREG-1150」をどう見ているか?

「NUREG-1150」 には触れていますが、
上記の構造的欠陥である冷却装置が二重化されていないことには全く触れられていません。
原子炉の強度として、【地震に強い】構造を持っていると書かれているだけです。
【津波】に対する構造上の強度には触れらてすらいませんでした。
構造上の欠陥を無視するのみならず、【津波】のことまで無視するとはどういうことなのか理解に苦しみます。



3.福島原発のような事故を起こさない検証方法はどういったものであるべきか?

一方、ストレステストなるものを実施し結果がOKなら原発を稼働する方向に進んでいる。
ここにも大きな疑問が残るのだ。
勿論、原発を稼働するのならストレステストは必要だ。
しかし、ストレステストをやっても充分ではない。

福島原発の失敗を繰り返さないためには、
事故前の福島原発をテストしたらNGとなるような検証方法が必要だ。
事故前の福島原発がすんなりOKとなるような検証をしたところで
福島原発のような事故は防げるわけがないのだ。
例えば、海岸沿いでGE社製のマークIと言う原子炉を使用していたらNGとかいう基準なら
福島原発はNGとなりますよね?



4.日本人特有の空気を読むことが正しい判断力を奪っているのではないか?

例え、外部団体だとしても「あまり、相手を困らせちゃいけないな」と無意識の内に考えてしまうところに
正しい判断が出来ない原因の一つがあるのではないかと僕は考えています。
しかし、日本の将来がかかっている時に、そんな事を言っている場合じゃない。
正しい判断が出来る日本になって欲しいものです。



原口直敏
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

原口直敏

  • Author:原口直敏
  • 洗練されたオタクを目指す、ミドルエイジ。
    持ち前の好奇心により、その知識と見識は多岐にわたる。(本人談)
    RPG風に興味のある分野を紹介しよう。

    【戦士属性】
    自己啓発、ビジネス、経済、投資、語学、各
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。